不動産用語集 ち

地役権(ちえきけん)

地役権は、自己の土地の便益のために、他人の土地を利用する権利。
たとえば、自己の土地と公道との間にある他人の土地を通行するための地役権、他人の土地を通って自己の土地に川の水や水道を引くための地役権、自己の土地の採光を確保するため隣地に一定の高さをこえる建物を建てさせないための地役権など種々考えられる。
いずれも、他人の土地を全面的に使用するものではなく、その一部を利用するにとどまる点では、地上権や永小作権とは違いがある。
高圧電線の下にも設定されている。

地上権

他人の土地において、工作物または竹木を所有するため、その土地を使用する物権をいう(民法265条以下)。
契約によって設定されるのが原則である。建物所有を目的とする地上権は、借地権として借地借家法の保護を受ける。
地上権はその譲渡・転貸が自由であること等、賃貸借と比較して借地権設定者に不利益なため、わが国では土地利用契約のほとんどが賃貸借契約であるといわれている。
地上権はたとえば地下鉄または高架線等のため、地下または空間にも設定することができる(同法269条の2)。
このような権利は「区分地上権」(いわゆる地下権・地上権)と呼ばれている。

地積(ちせき)

1筆ごとの土地の面積。

地籍(ちせき)

土地の位置や形状およびその所有関係。
人間には戸籍があり戸籍台帳が整備されているように、土地にも地籍があり土地登記簿および地籍図が整備している。

地籍測量図(ちせきそくりょうず)

おおむね昭和37年以降分筆された土地について、申請時に添付されることになった図面で法務局に保管されている。

地目(ちもく)

登記簿に記載されている用途上の分類で、田・畑・宅地・原野・山林・塩田・鉱泉地・池沼・牧場・墓地・境内地・運河用地・水道用地・用水路・ため池・堤・井溝・保安林・公衆用道路・公園・雑種地(21種類)がある。

仲介

不動産の売買・賃借を不動産業者に依頼する時に結ぶ契約の一つ。媒介と同義語。

仲介手数料(賃貸の媒介の場合)

賃貸の媒介の場合依頼者双方から受け取ることが出来る金額の合計は借賃の1ヶ月以下、居住用賃貸の場合は片方から半月分以下、ただし依頼者の特別の承諾があれば例外的にOK。
その場合も合計額が賃料の1ヶ月分を超えることは出来ない。

中間金

土地や建物の売買契約を結び、手付金を支払った後、最終決済までの間に支払う金銭の事。

中間省略登記

不動産の所有権がA→B→Cと移転した場合、本来はA→Bの時点とB→Cの時点でそれぞれ登記をするが、中間者Bを飛ばして登記簿上はA→Cへ直接移転登記をすること。

長賃

長期賃貸借の略。

丁番(ちょうばん)

開き戸や開き窓、家具の扉などを開閉させる金物のこと。
蝶番(ちょうつがい)ともいう。

賃貸借

甲が乙に目的物を使用収益させ、乙が甲に賃料を支払う契約をいう。
民法601条。民法は、貸衣裳やレンタカーなどのような動産の賃貸借と土地建物のそれとの区別をほとんど考えないで規定したが、建物所有を目的とする土地の賃貸借では、長期の契約期間を必要とするので、借地借家法3条は存続期間を30年以上と定めた。
また、民法上は、土地または建物の賃借権は、それを登記しない第三者に対抗することができないが、借地借家法10条1項は、借地上の建物の保存登記をすれば借地権を、同法31条1項は、建物の引渡しがあれば、借家権を第三者に対抗することができるものとした。

Copyright(c) みかど土地開発株式会社 All Rights Reserved.