不動産用語集 は

媒介

不動産の売買・賃借を不動産業者に依頼するときに結ぶ契約の一つ。
専任度によって、一般媒介、専任媒介、専属専任媒介に分かれる。仲介と同義語。

媒介契約

宅地または建物の売買、交換または貸借のなかだち(とりもち)を宅建業者に依頼する契約のことをいう。
宅地または建物の売買または交換等をしようとする場合、自分の希望する条件(価格、引渡し時期等)に合った適当な相手方を、広い範囲から探し出すことは極めて困難である。
そこで、これらの取引をする際に、両者の間をとりもつことを専門としている宅建業者に、取引の相手方を探すよう依頼することになる。
このときの依頼契約を媒介契約という。
宅建業者は、宅地または建物の売買または交換に関する媒介契約を締結したときは、後日、媒介契約の存否、内容、報酬等をめぐって紛争等の生ずるのを防止するため、遅滞なく、一定の契約内容を記載した書面を作成し(媒介契約の内容の書面化)、依頼者に交付することが義務付けられている(宅建業法34条の2)。
なお、媒介契約は以下の3種類がある。

『一般媒介契約(明示型と非明示型が)』
依頼者が他の宅建業者に重ねて依頼することができる。

『専任媒介契約』
依頼者が他の宅建業者に重ねて依頼することができない。

『専属専任媒介契約』
依頼者が依頼をした宅建業者が探索した相手方以外の者と売買または交換の契約を締結することができない。

幅木(はばき)

床面と壁面が接する部分に取付ける見切り材のこと。
壁下部が損傷するのを防ぐための保護材料。(車のバンパーのようなもの)

はめ殺し窓(FIX)

サッシを窓枠に固定して開閉しない窓のこと。
窓から外部の景観を見ることがもっぱらの目的と考えられることから、ピクチャーウインドーと呼ばれる。

バリアフリー住宅

家屋の内外において、段差や広さ使い勝手を考えた住宅。身障者や、高齢者にも優しい住まい。

販売提携

売主の委任を受け、売主に代わって分譲地や建売住宅、マンション等の販売代行をする事。
不動産広告では、「販売代理」「媒介」「販売提携(代理)」「販売提携(媒介)」等と表示される。

Copyright(c) みかど土地開発株式会社 All Rights Reserved.