仲介手数料の計算方法とは?

これはご存知の方も多いとは思いますが、一般的に不動産業者の仲介として売買契約をする際に発生する費用です。
支払い時期は、業者によって任意に定めていますので、確認が必要です。

対象となる金額 報酬
0~200万円以下 5%
200万円超え~400万円以下 4%
400万円超え~ 3%
上記が基本となる計算式です。
これを実際の代金として計算してみると以下のようになります。

※物件価格1000万円の場合
「0~200万円以下」の部分 200万円 ×5% 10万円※1
「200万円超え~400万円以下」の部分 200万円 ×4% 8万円※2
「400万円超え」の部分 600万円 ×3% 18万円※3
仲介手数料=(※1+※2+※3)×消費税8% 388,800円
400万円を超える物件の場合、400万円までは必ず上記の※1※2の金額となり、400万円を超えた部分での値が変動していきます。
いわば、400万円を超える物件では、※1※2の金額は不動のものとなります。
ですから、物件価格から400万円を引いた金額に3%をかけた金額+18万円(※1+※2)で計算は成り立つのですが、もっとわかりやすい計算方法をご紹介します。

物件価格 × 3% + 6万円 ×消費税8%
上記の式が「速算式」と言われる、先ほどよりもわかりやすい計算方法です。
これに当てはめてみると…

1000万円 × 3% + 6万円 ×消費税8% = 388,800円
これで同じ金額になった事がお分かりいただけますでしょうか。
実はこの『+6万円』が、5%分と4%分となっているのです。
本来200万円の部分を5%、200万円超え400万円の部分を4%と計算しますが、上記の「速算式」では、あえて物件価格を全部3%で計算しています。

通常の計算式
「0~200万円以下」の部分 200万円 ×5% 10万円
「200万円超え~400万円以下」の部分 200万円 ×4% 8万円
速算式
「0~200万円以下」の部分 200万円 ×3% 6万円
通常の計算との差額 4万円
「200万円超え~400万円以下」の部分 200万円 ×3% 6万円
通常の計算との差額 2万円
200万円以下の部分の差額は
 10万円-6万円=4万円

200万円超え400万円以下の部分の差額は
 8万円-6万円=2万円

この差額4万円と2万円を足して『6万円』となります。

物件価格1000万円の仲介手数料は…
1000万円 × 3% = 300,000円 A
速算式での差額 60,000円 B
消費税8% 28,800円 C

A+B+C = 388,800円

となります。
仲介手数料を確認するときは「物件価格×3%+6万円×消費税」と覚えましょう。

Copyright(c) みかど土地開発株式会社 All Rights Reserved.