失敗しない不動産会社選び

不動産の売却は、ほとんどの人が不動産会社を通して取引を行います。
大きな金額が動くだけに、やはり信頼出来る不動産会社選びが不可欠です。
この選択で、成功・失敗・満足・後悔が決まってしまうと言っても過言ではないでしょう。
大小様々な不動産会社からいかに信頼出来る会社を選べるかがポイントとなってきます。
しかし、どうやって見極めたら良いのでしょうか?
ここでは不動産売却時における不動産会社の「見極めのポイント」をご紹介していきます。
失敗しないコツは、まず情報収集からですので、しっかりとご覧ください。

担当者との相性

会社選びではありますが、なんと言ってもその窓口となってくれる「担当者」の人間性が大事です。
接客態度や説明のわかりやすさ、フットワークの軽さはもちろんですが、一番重要なのは「売主の立場で考えてくれる」ことではないでしょうか。

1.売主の利益を最優先に考え希望に沿ってくれる
2.法律や税金に詳しく、的確なアドバイスや提案力がある
3.メリットばかりでなく、デメリットもきちんと話してくれる

専門的な知識が必要で、特に法律も関わっているだけに、わかりやすく説明してくれるのは大事なのですが、いくらそんな知識が豊富でも、たいした理由も無くとにかく急かすような話をしてくる担当では「売主の立場」に立っているとは言えないでしょう。
また、デメリットをちゃんと伝えてくれることも信頼の一つではないでしょうか。
売却となればやはり誰もが高く売れることを望みはしますが、それでも現状からそこまでの値がつかないというケースもありますので、それを包み隠さず伝えてくれる担当者のほうが安心して任せられるというものです。

査定額は適正か?

複数の会社に査定を依頼すると、その査定額にバラツキがあるのは珍しいことではありません。
高い査定額を提示してくる会社が良い会社だと考えていませんか?
それは大きな間違いですので気をつけてください。

確かに、ご自身が所有していた物件に高い査定額をつけられると嬉しいものです。
しかし査定額はあくまで「査定額」なのです。
確実にその価格で売れるという保証はありません。
相場やその金額の根拠がしっかりしていなければその査定額も信頼出来るものではありません。
複数の会社に査定を依頼することは良いことですが、売却価格の参考として考えるだけにしておくことをおすすめします。

万が一、急ぎで大きなお金が必要だからといった場合であっても、一番高い査定額だからという理由だけでその会社にお願いするということは避けてください。


ひと昔前までは、大手と中小の会社では物件を保有している情報量が違っていましたが、現在はレインズによりどの会社でも情報を共有することが出来るため、情報量は同じものになりました。
そのため、会社の規模での情報量の差はなくなってきていますので、その部分で「大手が良い」という認識は間違いです。
多少の時間をかけてでも『人(担当者)』『会社』をしっかりと見て決めていきましょう。
Copyright(c) みかど土地開発株式会社 All Rights Reserved.