よくある質問

Q1.物件はどうやって探せば良いの?

A1.現在はインターネットでの検索が主流となっており、どなたでもカンタンに見つけることが出来ます。
戸建てが良いのか、マンションが良いのか、注文住宅が良いのか、住みたいエリアはどこなのか…
ある程度の情報入力で、希望の物件に近いものは検索できるようになっています。
しかし、これではある程度までしか情報が得られません。
中には広告される前に買い手がついてしまう物権などもあるのです。
ご自身で探すのと並行して、信頼できる不動産業者にも依頼してみましょう。
いろんな方法で物件探しをしてくれるのはもちろん、ご自身で見つけた物件に関してもプロ目線でのアドバイスが受けられます。

Q2.複数の業者に頼んだほうが良いの?

A2.不動産業者はレインズというシステムに物件情報を登録していますので、ほとんどの業者がその情報を共有しています。
極端な例として、埼玉にある弊社でも北海道の物件情報は手に入るのです。
ですから複数の業者にお願いするというメリットは、さほどありません。
逆に、複数の業者から連絡が入ることになるだけでなく、情報も被っている可能性がありますので、そうなってしまうと煩わしさを感じるだけともなってしまいます。
しっかりと力になってくれる担当営業と、たくさんコミュニケーションを取りながら一緒に探していくことが、一番の近道になります。

Q3.実際にお金はどのくらいかかるの?

A3.物件情報をご覧になると、基本的には「物件の価格」が記載されていますが、その他にも様々な諸費用が必要となってきます。
詳しくは「必要な費用はどのくらい?」をご覧ください。

Q4.頭金ってよく聞くけど、どのくらい用意したらよいの?

A4.一般的には物件価格の0.5~1割程度だとお考えください。
しかし、中には「100%ローンで…」とお考えの方もいらっしゃいますので、その際は担当営業に相談してみてください。

Q5.自分の現状で住宅ローンが通るのかな?

A5.多くの金融機関では、申し込む金額はもちろん、現在のお仕事や収入など様々な要素から判断して融資の可否を決定しています。
また、他の借入があるかどうかも判断基準のひとつになりますので、可能であれば完済しておくこともお考えください。
多くの金融機関があり、条件も多少異なっている部分がありますので、担当営業にご相談ください。

Q6.資金計画ってなに?

A6.不動産物件を購入する際に、一番重要となってくるのがこの「資金計画」です。
ここが不十分だと、物件購入は難しくなります。
もし仮に購入が出来たとしても、後の住宅ローンの返済がきつくなっていくというケースもあります。
詳しくは「資金計画の立て方とは?」をご覧ください。

Q7.「掘り出し物」っていう物件は実際にあるの?

A7.厳密に言えば無いとは言い切れません。
以前から気になっていた物件がたまたま値下げとなる、などという絶妙なタイミングが訪れる可能性はゼロではないからです。
結果的には気に入った物件が安く買えたということで「掘り出し物」という考え方も出来なくはありません。
そんなタイミングなどは、あまり期待できるものではありませんので、そこばかり考えてはいけません。
「掘り出し物」とは、すなわち「思いがけなく安い値段で手に入れた価値のある物」です。
しかし、不動産物件の場合も、安く売り出されるには訳があります。
その一帯の相場よりもはるかに安く出ている場合、何らかの原因はあります。
例えば、法的に再建築不可であったり、土地の形状・隣接地や道路との高低差がひどかったり、近隣の環境に難があったり、いわゆる事故物件だったり…
と、様々な原因が考えられます。
ですから、高い買い物であるとはいえ、安いものばかりを望むことは得策とは言えません。
ご自身にとって良い物件だと思えるものに出会えたなら、適正価格で購入を決断する事が結果的に良い物件を取得できる事に繋がるのです。

Q8.一戸建てとマンションはどっちが良いの?

A8.これはよく聞かれる質問ですが、答えは「お客様次第」です。
もちろん、どちらにもメリット・デメリットがありますので一概にどちらが良いという結論には至らないものです。

一戸建てのメリット
・上下左右の音を気にしなくて良い
・増改築が自由に出来る
・ペット飼育の制約が無い など

マンションのメリット
・防犯対策がしっかりしている
・利便性が高い地域で暮らせる
・管理やメンテナンスが楽 など

ランニングコストで考えた場合、マンションでは「管理費・修繕積立金・駐車場」といった費用もありますので、それが無い一戸建てに分がありそうです。
一戸建ての場合、建物全体の細かな修繕などを必要としますが、それでもマンションよりランニングコストは安いと言えるかもしれません
しかし、そのランニングコストを考えても、利便性やセキュリティ面でマンションを選ぶ方もいらっしゃいます。
メリット・デメリットを考えながら、ご自身の生活スタイルでお選びください。


Q9.「建築条件付き売地」とは?

A9.「建築条件付き売地」と表示・広告される物件とは
「土地売買契約締結後一定期間内に、土地買主と売主間において、売主があらかじめ指定している建築業者・ハウスメーカーと建築請負契約を締結するという条件が付いた売地」
のことです。
ですから、すでに気に入ったハウスメーカーで建てようと決めている場合、その建築条件に該当しないハウスメーカーでは建てられないということになってしまうのです。
もしそのメーカーが建築条件に該当する会社ならば、もう何も言うことは無いですよね。
これも考え方ではありますが、どんなに気に入った建物を建ててくれる会社を選んだとしても、希望のエリアに建てられないのであれば意味がありません。
その後の生活エリアとして、その土地にこだわりたいのであれば、土地優先で考えるのもひとつではないでしょうか。
いずれにしても、ご自身の今後の生活となるわけですから、ご家族や担当営業などとよく相談した上で決断しましょう。


Copyright(c) みかど土地開発株式会社 All Rights Reserved.