遺産分割

「相続財産をどのように分けるか」を、相続人全員で話し合って決めることを「遺産分割協議」といい、この遺産分割協議で全員が合意できなかった場合、家庭裁判所で遺産分割をすることになります。

○指定分割・・・遺言があって、そのとおりに分割をする。
○法定分割・・・民法で定められたとおりに分割をする。
○協議分割・・・相続人全員の話し合いで自由に分割をする。
○調停分割・・・相続人の間で話し合いがまとまらない場合家庭裁判所で調停をする。
○審判分割・・・調停でもまとまらない場合、自動的に審判手続きとなる。



分割協議がまとまりやすくするために、前もって売買や権利関係など財産の整理をしておくことをオススメします。
また分割でも特に注意しておきたいこととして、

●財産の分割が困難●
 居住用の自宅や店舗等
●財産の分割割合の確定が困難●
 「介護していた」「援助してもらった」等の言い分がある場合
●財産の確定が困難●
 借金や株価の変動等で正確な財産が不明

といった、ケースもあります。
そんな場合は、現金化や対価を支払うという分割方法があります。

□現物分割□
 財産を1つずつ分割する。
 <注>相続分どおりの分配が困難。
□換価分割□
 財産を売却し、現金化して分割する。
 <注>不動産譲渡益に課税される。
□代償分割□
 相続額の差を埋めるために対価を支払う。
 <注>代償分のまとまった資金が必要。
□共有□
 各相続人で共有する。
 <注>財産の使用や処分時にモメる可能性がある。

共有は要注意!!

土地や建物など、分割の難しい遺産について共有で相続するという事は、一見簡単そうにも思われますが、これが後々大きなモメ事に発展する可能性があります。
使用する場合、売却する場合などで共有者の意見が食い違うなんて事にもなりかねません。
また、共有したまま次の世代へ相続することになると、もっと大変なことに…
出来るだけ共有は避け、単体でもらう人を遺言書などで特定しておきましょう。

すでに現在共有となっている物件に関しては、分割・交換などにより単独所有となるようにしておくこともオススメします。

遺言書を残しておこう

遺言書がある場合と、ない場合の差も要注意です。
遺言書がある場合の遺産分割は、その遺言書に記載されたとおりの分割をするため、モメる可能性が低いのに対し、遺言書がない場合は相続人全員が協議によって分割するため、モメる可能性が高くなります。
もちろん、遺言書がある場合でも遺産分割協議は出来ますので、少しでもモメる可能性を減らす意味でも遺言書は残しておきましょう。

□自筆証書遺言□
 本人が手書きで作成できるため、費用もかからず手軽ではありますが、
 不備があると無効になる、偽造の恐れ、発見されないというケースもあります。
 また、家庭裁判所の検認がありますので、遺言執行に時間がかかることもあります。
□公正証書遺言□
 本人が話した内容を公証人が筆記する方法で作成し公証役場が保管しますので、
 不備や偽造の心配もなく、検認不要なので遺言の執行もしやすいです。
 しかし、作成には手間と費用がかかります。

どちらの遺言も長所・短所がありますので、ご自身にあった作成方法を選択しましょう。
また、遺言書と一緒に財産目録を作成しておけば、相続財産・債務の忘失も防ぐことができます。


Copyright(c) みかど土地開発株式会社 All Rights Reserved.