土地売却

遊休地の活用をどうしようかと考えたときに、アパート・マンションや駐車場経営が思い浮かぶ方が多いとは思いますが、売却することも立派な活用方法ではないでしょうか。

土地はただ持っていても、自分にとって有益な資産とは呼べません。
むしろ負担になることのほうが大きいでしょう。
保有しているだけで、固定資産税・都市計画税が発生しますし、将来的には相続税のかかる可能性もあります。
アパートやマンション経営となれば、建設費用以前に、土地の大きさや形、周りの環境などが大きく左右しますので、もしかしたら保有している土地は適していない可能性もあります。
そんな場合は、その土地を売却して得られる現金をどう使うかを考えたほうが、効果的な運用方法といえるのではないでしょうか。
現在、負債があったり、相続税の納税資金が必要であったりという状況であれば、売却で得た資金によって大きく変化する場合もありますので『土地売却』も大きな活用法の一つだと言えます。


土地売却のメリット

・借入の返済に充てられる。
・株式など金融資産に変えられる。
・他の不動産購入費用に充てられる。
・固定資産税・都市計画税の負担がなくなる。
・相続税等の「納税資金」の確保が出来る。

売却によって大きな『現金』を得られることになりますので、そのお金の使途をしっかり考えなくてはなりませんが、土地を有効活用すると考えるよりは選択肢の幅が広がるのではないでしょうか。
また、保有しているだけでも支払わなければならない固定資産税・都市計画税の負担が無くなることもメリットといえるでしょう。

土地売却のデメリット

・収益機会がなくなる。
・売却の際に印紙税や測量、仲介手数料が発生する。
・売却で得た利益に譲渡税がかかる。

ひとつの可能性ではありますが、保有していた土地の周りの環境が変わり、アパートやマンション経営に適したエリアにならないとも言い切れません。
土地を手放してしまえば、当然その機会は失われるということです。
また、売却するにも、測量費用や不動産会社への仲介手数料など費用負担が発生しますので、売れた金額の全てを得られるわけではないのです。
さらに、売却で得た「もうけ」の部分には『譲渡税』として所得税・住民税がかかります。
詳しくは『売却時にも税金がかかる?』をご覧ください。

Copyright(c) みかど土地開発株式会社 All Rights Reserved.