住宅ローン減税とは?

住宅ローン減税制度は、住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、 取得者の金利負担の軽減を図るための制度です。 毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額の1%が 10年間に渡り所得税の額から控除されます。 また、所得税からは控除しきれない場合には、住民税からも一部控除されます。 この住宅ローン減税制度は、平成26年4月からの消費税率の引上げにあわせて、 下表のとおり大幅に拡充されています。 なお、申請は、住宅ローンを借入れる者が個人単位で申請します。 世帯単位ではないことに注意してください。

住宅ローン減税概要


適用期日 ~平成26年3月 平成26年4月~
平成31年6月
最大控除額
(10年間合計)
200万円
(20万円×10年)
400万円
(40万円×10年)
控除率、控除期間 1% 10年間 1% 10年間
住民税からの控除上限額 9.75万円/年
(前年課税所得×5%)
13.65万円/年
(前年課税所得×7%)
主な要件 ①床面積が50㎡以上であること
②借入金の償還期間が10年以上であること
※長期優良住宅・低炭素住宅の場合、最大控除額はそれぞれ300万円(~平成26年3月)、500万円(平成26年4月~平成31年6月)となります。

Copyright(c) みかど土地開発株式会社 All Rights Reserved.