返済可能額と年収負担率

収入・家族構成など、生活のスタイルは人それぞれです。
ですから同じ年収の人でも、毎月返済できる金額が変わってきます。
ここでは、返済額や借入金額の設定について解説していきます。

年収負担率とは?

年収負担率とは、年間返済額が年収に占める割合のことです。
住宅ローン返済額は、一般的に「年収負担率25%以内なら安心」といわれています。
そこで、この安心ラインを毎月返済額に換算し、借入額も試算してみました。(下表参照)
年収に合う毎月返済額を見て、家計に負担をかけずに返済できるか考えてみましょう。

年収負担率25%の毎月返済額と借入額の例


年収 毎月返済額 借入金額
400万円 約83,000円 2,516万円
600万円 約125,000円 3,774万円
800万円 約167,000円 5,032万円
1,000万円 約208,000円 6,290万円
※【計算方法】毎月返済額=年収×25%(年収負担率)÷12カ月
ボーナス時加算なしの場合。借入額は金利2%、35年返済として試算

住宅ローン借入額の目安

上記の表を元におおよその毎月返済額が決まったら借入額を計算してみましょう。
返済期間35年、金利2%とする場合、借入額の大まかな目安は、
「毎月返済額の300倍」とカンタンに計算できます。

例えば毎月返済額12万円なら…
「12万円×300=3600万円」
この金額が借入金額の目安となります。

※返済期間30年、金利2%の場合は「毎月返済額の270倍」
返済期間を短くしたい人はこちらの数字で計算してみましょう。

※ご注意ください※

年収負担率は、住宅ローンを考える上で非常に解りやすい目安とはなります。
しかし、これはあくまで目安です。
例えば、車のローンなどがある場合は負担率で試算した金額からその分を引いた金額以内で、住宅ローンの返済を考えなければなりません。
また現状の生活で必要となっている費用と、ローンの返済額との差があり、負担が大きくなるようではそれは得策とは言えません。
お子様の成長に合わせて、必要となる費用などもありますので、現状で「ギリギリ大丈夫」というような資金計画は避けましょう。

Copyright(c) みかど土地開発株式会社 All Rights Reserved.