住宅ローンとは?

住宅ローンとは、宅地の取得や住宅の新築・改築などの目的のために、土地と家屋を担保として銀行などから資金を借りるローンです。

公的融資

◆自治体融資
条件は自治体によって異なります。
一般的にはその自治体に居住または勤務していることを条件に、一定の収入以下の人、住民税を滞納していないことなどの条件を定めている自治体が多いです。
全国全ての自治体にあるわけではないので確認が必要です。

◆財形融資
勤労者が対象で財形貯蓄を1年以上継続し貯蓄残高が50万円以上であることが条件となっています。
用限度額は、残高の10倍か最高4,000万円までのどちらか少ない額となります。

※「フラット35」と併せて融資を受けることも可能です。

民間住宅ローン

◆都市銀行・信託銀行・地方銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・JA(農協)
年齢・勤続年数・収入をクリアすれば融資が受けられますが、銀行によって特色があります。
信用金庫、信用組合、労働金庫、JA(農協)では、会員又は団体会員の構成員であることや営業地域に居住しているか、勤務していること等が条件となる場合がありますので確認が必要です。

◆生命保険会社・損害保険会社・ノンバンク(信販・クレジット会社など)
建設業者や住宅メーカーなどと提携してローンを斡旋し、提携型で対応しているところが多いです。
誰でも利用できるところと、提携先企業の社員などに限定している場合と分かれているようです。

フラット35

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)と民間金融機関が提携した住宅ローンです。
15年以上35年以下の長期固定金利型住宅ローンで金利は民間金融機関が決める形となります。
それぞれ取り扱う民間金融機関によって金利や融資額が変わってくるので確認が必要です。

借入申し込み時、満70歳未満で収入等の条件をクリアすれば、誰でも融資が受けられます。
利用限度額は、8000万円以下で、建設費若しくは購入価格の9割までとなっています。

Copyright(c) みかど土地開発株式会社 All Rights Reserved.