遊休地をどうする!?

『遊休地』とは…
住宅や農地や駐車場など、どのような用途でも使われておらず有効活用されていないような土地のことを言います。
このような状況では、土地を所有しているだけで使い道が無く、ただただ固定資産税を払い続けるだけとなってしまいます。
しかし所有しているからには管理しないわけにもいかず、その手間や費用も必要となってくるものです。
いっそ誰かに売ってしまいたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

弊社では、そんな遊休地をお持ちの地主様に、有効な活用方法をご提案させて頂きます。
「売る・貸す」以外にも様々な方法がございますので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

土地活用のメリット・デメリット

『土地活用』といえば、アパート・マンション経営や駐車場として利用する方法を思いつきませんか。
すでにどこかしらの営業マンがそんなお話をしに来ているのではないでしょうか。
もちろん、それはとても有効な活用法であり、家賃収入を見込める提案でもあります。
しかし、それにもリスクは伴いますので、しっかりとした知識を持ちながら計画的に行わなければ、大きな損失ともなりかねません。
メリットとしては、仕事以外の収入源となりますので、保有しているだけで必要となる固定資産税・都市計画税をその土地が生み出してくれるという点です。
もちろんそれ以上の収入となれば、今後の蓄えとして確保が出来るため、保有している本人だけでなく、先の世代まで残していける財産ともなるでしょう。
手付かずの土地が、収入源となるのですから、それが最大のメリットです。

反対にデメリットもいくつかあります。
売ってしまえば、それ以降の収入源とはなりませんし、土地を貸すにしても建物を建てて貸すにしても、それなりのリスクが伴います。
特に借入によって建物を建てる場合は、十分な資金計画が必須であり、返済計画もしっかりと立てなければなりません。
予想よりも少ない収入にしかならず、売却しても結果的に大きなマイナスとなるケースも考えられるため、特に注意が必要です。

まずは、保有している土地がどういう状況なのか、適した活用方法はどんなものか、事前に確認しながら最適な活用方法を考えてみてください。

いくつかの土地活用方法のメリットデメリットを掲載していますので、参考までにご覧ください。
その中で、最適な方法が見つかるかもしれません。
それでも絞り切れなかったり、不安やわからないことがあれば、直接不動産会社に聞いてみるのもひとつの手段です。
全てを委ねても、プロの意見として聞いておくだけでも良いでしょう。
遊休地として保有しているよりは、ご自身やご家族、先の世代まで残せる資産として有意義に活用してください。

土地売却

・売却も立派な活用です。

等価交換

・土地を提供して建物を建て「提供した土地に見合った分」を取得する方式です。

定期借地

・長期間、土地を貸すという活用方法です。

アパート・マンション経営

・アパート、マンションを建てて貸す活用方法です。

駐車場経営

・平面、立体の駐車場を経営します。

空き家問題

・建物のある土地を放置したままだと、思わぬリスクが発生します。

Copyright(c) みかど土地開発株式会社 All Rights Reserved.